学校

発達障害の子供が小学校に上がった時に発生する問題点

9

我が家の例を元に考えていきたいです。
小学校へ入学して一ヶ月思ったより順調に過ごせています。
担任の先生をはじめとして大変小学校に本当に良い小学校へ入学できたなと思います。
とはいえ、妻が仕事を続けられなかったり諸問題が出てくるんだなと思った2ヶ月弱でもありました。

我が家の場合は現状のシステムでは色々と無理なんです。

1.共働きの形態に無理が生じる

通学が大変。うちの子はとても一人では通学させられない状況です。
なので、毎日妻が送り迎えをしています。
また、放課後に預ける場所が無い、本当にないんです。
通常の子であれば学童に放課後自分で行って、
自分で家に帰ってくると思うのですが、うちの子は不可能です。
基本的に目が離せない子なので、通常の学童には預けられません。
それでは、放課後デイに預けようと思ったのですが、共働きだと
そこまでの送り迎え手段がありません。

必然的に妻は仕事を辞めなくてはならないことになりました。
これが6歳の壁ですね。我が家にとっては非常に高い壁です。

2.親のサポートすることが増える

小学校に入ると参加行事が増えました。
PTAや授業参観をはじめ、普段の通学準備や療育への送り迎え
(これは幼稚園時代からありましたが)ここまでの2ヶ月弱
共働きでは不可能なことだらけでした。特に妻に負担のかかる構図
となってしまうため、何より避けなくてはいけないことでした。
また、私も仕事を休まなくてはいけないことが2回ほどありました。
仕事との両立ってことになると思いますが、本当に大変です。

これは小学校に上がったから生じた問題というわけではありませんが、
問題だなと感じるのは妻の負担が増えることはもとより、
私も職場でどの程度理解されているのか常に心配です。

3.ストレスはやっぱり減らない

小学校には大変に感謝しています。地域の学校のありがたみを感じて
日々ここの小学校に入学させてよかったなと思っています。
しかし、根本的に我が子の子育てが大変であることは変わっておらず、
毎日大変な思いをしています。(私よりも妻のほうが大変だと思いますが)

やはり、本質的な問題としてこの大変さやもどかしさは当事者じゃないとわからないことです。
たまに仕事している場合じゃないって思ってしまうことがあります。
福祉の給付金は大変ありがたいですが、障害児の家庭の働いている人への
サポートなど考えていかなくてはならない時代ですね。

しかし、自分の家庭に置き換えると問題山積です。

広告

ピックアップ記事

  1. 特別支援級にするか特別支援学校にするか

関連記事

  1. 学校

    特別支援級にするか特別支援学校にするか

    発達障害の子どもを持つ親にとってはどちらを選択するか非常に迷います。う…

  2. ニュース

    学校・教育機関の発達障害関連のニュース

    最近中々ブログを更新できていない日々です。私はGoogleア…

  3. 学校

    特別支援級か特別支援学校か?

    障害児の親にとっては、小学校の入学に特別支援学級か特別支援学校…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ニュース

    埼玉県に発達障害児対象の学童保育がオープンとの報道に思うこと
  2. 社会とのかかわり

    うちの子だけ何でこんなに大変なんだ
  3. 発達障害とは

    うちの子もしかして発達障害かも?と思った時
  4. 療育

    発達障害児専門の保育園「ヘレン」が羨ましい
  5. 発達障害とは

    発達障害の言葉の遅れについて。6歳のうちの子の現状
PAGE TOP